お茶について

お茶情報の「お茶について」です。


お茶のいろいろ

一口にお茶といってもいろいろある。まず日本茶、イギリスでは紅茶、中国ではウーロン茶。アメリカではコーヒーと思い浮かべただけでもたくさんある。

自動販売機が至るところにあって、消費者のニーズもさることながらたくさんの種類のお茶が手軽に手に入る国は日本だけのようだ。緑茶だけをあげてみても、抹茶に煎茶、番茶にほうじ茶、釜炒り茶や玄米茶まで、一昔前まで自動販売機にお茶や水はなかったと思うが、最近ではいろんなメーカーのいろんな種類が次から次へと提供されている。またコーヒーについても温かいもの冷たいもの、加糖、微糖、ブラック、カフェオレにカプチーノといたれりつくせりである。

緑茶や紅茶、ウーロン茶は原料が葉であるがコーヒーは豆、ちょっとコーヒーだけ異質な感じはするけれど、おいしいレストランのフルコースの締めとしては今や欠かせない。

日本の緑茶には、最近いろんな効能がわかってきている。例えばカテキンによる、殺菌効果、消臭効果、またリラックス効果も緑茶が一番だったという、実験結果まである。